ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパの朝食レストラン。。。

朝日と共に目覚めて、昨日までよりも随分と穏やかそうな海を見て嬉しくなりました。
というのも、今朝8時半からダイバーと行くスノーケリング・ツアーに参加なのです。

e0338303_14575091.jpg

7時にカートを呼び、行き先を聞かれたので、メイン・レストランへ、と答えました♪

e0338303_1458059.jpg

あっという間に到着〜!レストランの入り口に飾られたお花のアーチの可愛いこと♪

e0338303_1458686.jpg









と入り口には誰もおらず、店内では大勢のスタッフが出来たての食材を並べています。
7時から営業のはずが、なかなか出て来ないレストランの受付嬢を待ち続けて早20分。
早く消化しないと船上とスノーケル中に酔うと困るのでシェフに近づき尋ねると。。。

e0338303_14581635.jpg

なんと、この日の営業は朝8時からの営業とのこと!!
ヴィラに置いてあるインフォメーション・ブックにも7時からとしか記載されていません。
事前にヴィラ・ホストからの連絡もなければ、当日のスケジュール表みたいな案内もなし。

カートを運転したスタッフは営業時間の一時間も前にゲストをレストランに降ろしても
何も疑問を抱かないばかりか、我関せずとばかりにとっとと去って行っちゃいましたし。
レストランのスタッフに限っては入り口でずーっと立って待ち続けているゲストがいても
目が合っても全然知らん顔でスタッフ同士で会話に夢中と呆れてものが言えません。。。

でもモルディブやスリランカ人を責めても仕方ないというか、南の島の人ですからね。
こればっかりは明らかにハイダウェイのマネージメントの力不足でしかありません。。。
ヴィラ・ホストには毎日チップを払っていますが、なんだかその意味も全くなさそう。

まともなリゾートのヴィラ・ホストは担当しているゲストの日程をちゃんと把握していて
レストランに予約があれば、その時間帯に挨拶に行き、ゲストが困ってないか確認したり
ツアーであれば、どんな楽しみ方があるか、何か気をつける事があれば教えてくれたりと
その都度それらに備えてのアドバイスやフォローをしっかりくれていましたからねえ。。。

そしてもっと出来るヴィラ・ホストは、スパやツアーを言葉巧みに勧めて来ますから(笑。
それで得するのはリゾートだけではなく、結果的にゲストも楽しめ大満足ですからね。



レストランのスタッフの情報によるとサンセット・レストランなら開いているとのことで
とりあえず少し先にあるレセプションまで歩いて行き、場所や営業時間を聞く事に。。。

e0338303_14582741.jpg

フロントに到着すると、中央に安っぽい(失敬)クリスマス・ツリーが飾られています。

フロントのスタッフは毎回自分達からは決して声を掛けて来ないので、近づいて行き
サンセット・レストランの営業時間を尋ねると、8時からだから開いてないとの返事。
メイン・レストランのスタッフに7時からと聞いたと伝えても、8時からとの一点張り。

e0338303_14583539.jpg

それではツアーに間に合わないし、今更ルーム・サービスでも間に合わないしと
半ば諦めかけていた所に、別のスタッフがやって来たのでダメ元で確認してみると
やはり7時からの営業と判明!なのにそれでも嘘だと言い張るフロントのスタッフが
サンセット・レストランに漸く初めて電話確認してみると、やはり7時からと判明。

どうして全スタッフに連絡が行き届いていないのか、どうしてゲストに反論する前に
サンセット・レストランに電話確認しないのか、なぜ間違いを認めて謝らないのか
スタッフの教育も基本も全然出来ていない、ぐだぐだのマネージメントにぐったり。

きっとこの一件も誰も上に報告する事もないまま闇へと葬られてしまうのね〜、と。
せめて一人でもまともな対応が出来るスタッフがフロントにいれば違うのでしょうが。

ハウスリーフやダイブ・スポットから集客しても、それを自分達の接客力等と勘違いし
それに甘んじ、何も考えず成長もなく、ハード面のみ改築して満足&終了する系かと。

まだ二日目なのに進化しないリゾートの典型的なダメダメ・パターンにガッカリです。

サンセット・レストランへ移動する前にさくっと撮ったインフォメーション・デスク。
誰もいませんでしたが、こちらでフィッシングやエイの餌付けなど申し込めるそう。

e0338303_14584996.jpg

本日のオススメとやらのフィッシング・ツアー@$100で釣った魚の調理は無料。
とスパのクリスマス・スペシャルで、50分のトリートメントx6回が$810だそう。

e0338303_1459553.jpg

カクテルの値段とレシピに、ビールやお酒にワインのお得なプロモーション。

e0338303_14591591.jpg

歩いてサンセット・レストランへと移動すると、入り口には安っぽい飾りが。。。

e0338303_14592263.jpg

来る前に揉めたのでわざと書いているのではなく、本当に安っぽい中華系の飾りです。

e0338303_14594423.jpg

壁面や柱の手の届く範囲限定で巻かれたキラキラが、昭和みたいな哀愁漂ってます。

e0338303_14595497.jpg

プール・サイドの眺めは普通かな、、、ウォーター・ヴィラとそう大差ない感じです。

e0338303_150352.jpg

e0338303_1501514.jpg

プールの右端まで歩いて行くと、、、ビーチに降りられる階段がありました。

e0338303_150259.jpg

が、降りられても歩けるビーチは十歩くらいと超ちびたでした。。。

e0338303_1502942.jpg

プールは小さくて、右端からの眺めはこんな感じです。

e0338303_152345.jpg

左端からの眺めはこんな感じと超狭くて、朝8時前なのに蒸し暑いこと!!
見た感じはオサレなアンブレラですが、日除け効果は、、、という感じです。

e0338303_1521475.jpg

季節により、かなり波が荒くなるそうで、立派な波止めが作られていました。

e0338303_1515680.jpg

時折ざっぱ〜ん!!と波しぶきが上がっていました。

e0338303_1513656.jpg

スタッフのダメダメな対応でページを割いてしまったので、食事編はつづく(笑。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2015-07-31 13:31 | 旅・バケーション

海外生活24年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg3

プロフィールを見る

タグ

(401)
(255)
(127)
(91)
(65)
(64)
(60)
(59)
(54)
(53)
(37)
(23)
(22)
(15)
(14)
(11)
(9)
(8)
(6)
(4)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...
いちじく日記*てんかんを...

カテゴリ

全体
香港
ごあいさつ♪
旅・バケーション
ホクラニカイ
アメリカ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。