ホク、順調に回復中です!!

ホクへのお誕生日のお祝いに、励ましやお見舞いに応援メッセージをありがとうございました!!

e0338303_11505534.jpg
大病を患ったホクですが、お陰様で順調に回復しております!!

そんなホクの横で辛抱強く看病するラニ、、、ではなくて、ホクのご飯のお裾分けを狙うラニ(笑。
シリンジで口に少しずつ入れて食べさせているので30分は掛かり、待ち時間が長くて寝落ち(笑。

e0338303_1151080.jpg

ずっと待った甲斐があったのかは知りませんが(笑)手の上に空皿を置いてあげるとそのままで
とても嬉しそうに空皿に残ったエンザイムや甘酒やチキンの茹で汁を嬉しそうに舐めるラニ(笑。

e0338303_1151774.jpg

エコーの為に刈り取られた胸部と腹部の毛も生えて来て、目力も足腰の力も戻って来たホク♪
今週は元気になった証拠に、以前からの癖である体のイボ噛みや足を舐めるまで復活(苦笑。

e0338303_11512370.jpg

ホクにお水やご飯をあげる度に、カウチの横に並んだり、カウチの下に座っておねだりするラニ。

e0338303_11512715.jpgラニ:おり、どくみがかりとして
みずからにんめいっ!

まだ三週間ほど抗生物質の治療は続きますが、獣医さんらに峠は越えたから大丈夫とお墨付き!
ホクへのお祝いと応援やお見舞いの温かいお言葉の数々に、この三週間近く随分と励まされました!!
本当にありがとうございました!!

e0338303_11513758.jpg

痛みがある時は震えていましたが、今は気持ち良さげにスヤスヤと眠るホクで嬉しいです♪





ここから先はわんこの膵炎や感染性心内膜炎について興味のある方だけどうぞ。

三週間前に元気なのに突然食欲がなくなり夕飯を食べず、下痢や嘔吐も見られずで半日様子を見て。
翌日は元気もなくなり水も飲まなくなったので脱水症状を心配して急いで救急病院へ連れて行くと
血液検査や触診の結果、膵炎との診断で皮下注射と痛み止めだけ貰い、自宅に連れて帰りました。
*膵臓の数値以外は腎臓も肝臓も全て良好で嘔吐も下痢もなく獣医さんも不思議がっていました。

翌日かかりつけの獣医さんへ連れて行き、血液検査と触診の結果から、やはり膵炎との診立てで
二次感染予防に抗生物質と痛み止めと点滴の為に朝から晩まで半日入院治療を毎日受けることに。
*膵炎につきものと言われる嘔吐や下痢もなくて嬉しい反面膵炎が原因ではない気もしたり。。。

注射と点滴の半日入院を三日続けても、体調も余り良くならず血液検査の数値も悪くなったりで
獣医さんからは険しい顔で覚悟するようにと言われ続け、泣いて看病して過ごした一週間でした。
*強い痛み止めを打っているのに肩の辺が小刻みに震え続けて、見ていて辛かったです。
シニアの震えの原因には、痛みからだけではなく他にも沢山あるそうで、寒い時や低血糖の時、
長時間同じ姿勢で寝ていて起き上がる際に筋肉が衰えていて動かす際に震えたりもするそう。

四日目はいつもの獣医さんがお休みなので、初めての若い女医さんに不安ながらも診て貰うと
心雑音と肺に水が溜まっている音がすると言われて、レントゲンと胸部と腹部のエコー検査となり
結果はなんと感染性心内膜炎との診断で、高齢だしかなり危険な状態と更に不安になりました。
*またラニと同じく初期の心弁膜症で弁が少し炎症を起こして腫れているそうで処方されました。

診ていく内に、どうやら膵炎が先ではなくて、細菌が体内に入ったか免疫が落ちたかで増殖し
血管を通って心臓に入って、更に血液を介して他の臓器を攻撃し始めているとの診断でした。

何はともあれ回復が遅い理由が見つかり獣医さんも納得したものの、既に抗生物質を投与済みで
そのせいで細菌が判別出来なくなり、三種類の抗生物質に痛み止めに胃薬他の処方が必要に。
抗生物質も普段受ける少量ではなく、かなりヘビーな量なので、それによる副作用も考慮すると
17歳のホクは人間だと80歳以上で、高齢+衰弱なので覚悟してと言われつつ治療続行に。。。

病院のロイヤルカナンの缶フードは不味いし栄養なさそうだったので、一応シリンジで与えつつも
乾燥麹から甘酒を作って飲ませたり、ゼオカル21で作ったアルカリ水や、スパイラルエンザイムに
三種類のプロバイオティックスとラクトフェリンの錠剤を毎日数回に分けて飲ませ続けました。

すると三日後(治療七日目)くらいから突然目力が戻ってきて、自ら頭を起こそうとするように!
獣医さん曰く、今まで病気にならず抗生物質を殆ど打って来てないので効果が出ているのかもと。
少し食欲も出て来たので鶏肉と納豆とカッテージ・チーズをムース状にしてシリンジで与えました。

獣医さんには回復しつつもまだ油断出来ないと終始ネガティブ発言も、私は峠を越えたと確信。
お昼間は点滴入院なので、朝と夕方から夜までは常に水分と栄養補給にマッサージをしました。
それからは毎日少しずつ寝たきりだったのが体を起こすようになり、更には自分で立とうとしたり
次第にお腹を支えていたら歩けるようになり、自力でおしっこするようになり、ウンチもたまに!

先週末からは抱っこしなくても自力で立てる事が多くなり、お肉限定ですが(笑)自ら食べたり
お肉以外の野菜とかは避けるので(笑)ムース状にしてシリンジですがすごい力で抵抗したり。
お肉以外はボクは食べたくない〜!と立って逃げようとするくらいにまで元気になりました(笑)!

お昼寝時間が長いと足腰に力が入らなくなるので、モイストパックを当ててマッサージをしたり。
するとよく歩けるようになるので、自分でお庭に行っておしっこしたり歩き回るようになりました。
オムツやおしっこパッドも利用していますが、プードルは寝床を汚すのが嫌いな犬種らしくて
またしっかりハウストレーニングされているので、ホクもプライドでか意地でも外でしています。

今週からは血液検査の結果も良好で、腫れていた心臓の弁も戻り、心臓の動きも良いそうです。
月曜からは一日置きの診察となり、昨日からは問題なければ一週間置きの診察となりました!!

朝昼晩とつきっきりで何度も水分&栄養補給し、ストレッチ、マッサージ&温パックを繰り返し
1、2時間置きにお庭にトイレに連れて行き、便秘解消すべく少し歩かせたり運動させたりして。
まだ三週間は抗生物質で細菌を叩き続けなければならないそうで、暫く自宅療養となります。

何はともあれ、獣医さんらが諦めていたホクが無事に復活を遂げて、元気になってくれて嬉しい!
先週末には獣医さんらが、まさか回復するとは思っていなくて本当にびっくりです、と告白(苦笑)。
こんな嬉しいサプライズはないし、驚異の回復力と生命力だと涙流してくれ喜んでくれました。

今回学んだことは、、、わんこが普段と様子が違うようなら、すぐに獣医さんに連れていくこと。
そして獣医さんの診断が全てではなく、他の病気の可能性を疑い、常にメモしたり調べること。
血液検査の結果だけに拘らず、自分の目を通してわんこを信じて、決して諦めず介護すること。
獣医さんは悪い事しか言えないから、めげずにわんこの生命力を信じて回復をイメージすること。
また普段からすごく元気なわんこでもシニアになったら定期的に検診に連れて行ってあげること。

いざという時に抗生物質が効くよう、日頃小さな事でやたらと抗生物質を出す獣医さんは避けること。
人にもよりますが若い獣医さんは経験が浅い分、慣れから来る流すような仕事をせず、より丁寧。
また神経質で心配性で細かい性格の獣医さんの方が小さなことも見逃さないので良かったです。
以上、参考までに我が家の経験談でした。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-05-21 15:21 | ホクラニカイ

海外生活24年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg3

プロフィールを見る

タグ

(401)
(255)
(127)
(91)
(65)
(64)
(60)
(59)
(54)
(53)
(37)
(23)
(22)
(15)
(14)
(11)
(9)
(8)
(6)
(4)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...
いちじく日記*てんかんを...

カテゴリ

全体
香港
ごあいさつ♪
旅・バケーション
ホクラニカイ
アメリカ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。