香港の美味しい飲茶@Dim Sum Library♪

私以外は皆アメリカ人とのランチなので垢抜けたモダン飲茶のDim Sum Libraryへ♪

e0338303_15505178.jpg

座り心地はさておき、小洒落た感じで、会社帰りに点心つまみ軽く一杯もありですね。

e0338303_15505433.jpg

e0338303_15505615.jpg奥にはテーブル席が沢山。

食器やカトラリー類もシック&モダンでいい感じも、黒いナプキンは個人的にアウト。

e0338303_15505983.jpg

黑椒和牛酥(Wagyu beef puff w black pepper) HK$88 for 3pcs

e0338303_1551231.jpg

明らかにMott 32路線で舌の肥えた香港人や欧米エクスパット狙いと思われますが
意外だったのが、点心の個数の追加注文が出来ないという点@融通効かないなあ。
FS香港のLKHやCuisine Cuisineなんかは、全然速攻対応してくれますからねー。

肝心のお味の方はまあまあですが、皮がサクサク&ホロホロしていていい感じです。
Mott 32と同じく洗練されていますが、特出していたり、また食べたい!ではなし。

e0338303_1551540.jpg

こちらの看板アイテムの擔擔湯包(Dan dan xiaolong bao)HK$48 for 3pcs
坦々麺好きには堪らない、坦々麺スープがそのまま入った感じの小籠包です。
私も周りも、これは美味しい&面白い&写真映えする、と即再注文でした(笑。

e0338303_1551784.jpg

黑蒜燒賣(Black garlic siu mai pork dumplings)HK$48 for 4pcs
香港の特にローカルなお店の焼売は、豚肉の臭みがあり筋や脂だらけで苦手ですが
こちらの焼売はにんにくの香りに上手く消されており、プリッとして悪くないです。

e0338303_15511022.jpg

蒜香芝士脆脆卷(Prawn & mozzarella rice paper wrap)HK58 for 3pcs
安っぽく見えるグダグダな盛り付けはともかくとして(笑)まあまあでしたよ。

e0338303_15511356.jpg

これ、冷めてチーズが固まってますが、揚げたてなら美味しかったと思います。
どちらかというと揚げ物とチーズが好きな人向きで、点心ラブには少し違うかも。
サクサクとろとろの洋風な風味でバーのおつまみっぽい感じを想像してください。

e0338303_15511696.jpg

再注文の坦々スープの小籠包も、あれれ?おかしいな、さっきより美味しくない。
どうしてだろう、あ、冷めてるからだね、中も冷たくてスープが脂っぽいもんね。

e0338303_15511955.jpg

続けて二品が冷め切っていたので、厨房とホールを皆でじっと眺めていたら。。。

中央のすりガラスの手前にあるカウンターに厨房から運ばれた点心が並んで行き
それをウェイターさんらが各テーブルに運んで行くという二度手間システムです。

これ、香港の飲茶のお店ではよくある事ですが、スタッフが小慣れてないらしく
画像で見えるかしら?熱々の点心のお皿が並んだまま、ずっと放置されています。

e0338303_15512140.jpg

坦々スープの小籠包が美味しかったので注文した半熟卵入りの担々麺 HK$78
熱々の小籠包の時は美味しかったのですが、坦々麺のスープも冷めていて残念。
ちなみに、この坦々麺もカウンターで暫く放置されてて取りに行きたかった程。

e0338303_15512580.jpg

小さなお椀もくれないのでウェイターさんに請求して、お椀に盛ってみたものの
麺は太めで、冷めて水分を吸ったからなのか、コシもなくぶよっとした残念系。
熱々だったとしても、スープのぼんやりさと麺のたよりなさで、今ひとつかも。

e0338303_15513345.jpg

腸粉は4種類あり、蝦とパクチーの腸粉や揚げ湯葉の腸粉も美味しそうですが
Mott 32を意識した?黑毛豬腸粉(Iberico pork w spring onions)HK$68

これがまた冷製?というくらいに冷たくて、お肉も脂も冷めて固くなってます。

e0338303_1551285.jpg

麻辣牛肉(Sichuan "ma la" beef)HK$58
こちらも同じく冷製のように冷め切っていたので、味はまあまあなだけに残念。

e0338303_15524313.jpg

冷めた点心は我々だけではなくて、周りの香港人も数名クレームしていたので
我々もマネージャーを呼び、今届いたけど冷め切っていて、これはないよねと。
他からも同じようなクレームいっぱいで、ちょっとテンパってる様子でしたが
とりあえず謝るしかないみたいで、すいません新しいのをお持ちしますと。。。

こういう場合、出来るマネージャーは、すぐにシステムを直すのは無理なので
代わりに自らウェイターとなって料理を運んでフォローするんですけどねー。

と、そこへ届いたのが、やや冷めていた(笑)春巻き。
海膽蟹肉春卷(Hokkaido king crab & sea urchin spring roll)HK$88 for 4pcs
蟹肉が入り春巻きに雲丹が載っていると言う和モダンな春巻きで、微妙でした。

e0338303_15523178.jpg

お腹も膨れたし、お会計を頼もうとしていたら、そこにやや熱めの腸粉が到着。
もうお腹いっぱいでしたが申し訳ないので一口二口食べましたが、マシでした。
30分前のお腹に余裕があり、熱々だったらもっと美味しかったと思いますよー。

e0338303_1552222.jpg

と帰る際にマネージャーから声を掛けられて、近日中にまたいらしてくださいと。
次回は全部熱々をお持ちしますし、全部お店のおごりですから、との事でしたが
そういうのは結構ですし平等なサービス&熱々がベストなのでとお断りしました。

という感じで連携プレーがグダグダの勿体無いディムサム・ライブラリーでしたが
勿体無いと書いているように、味は悪くなくて熱々ならばマシだったと思いますし。
超美味しくはないのにMott 32がアリならば、こちらも全然アリだと思いますよー。

飲茶に素朴さや安さや大きさを求めるのであれば、ここは全然違うと思いますが
小洒落ていて清潔そうで(笑)多少高くてもモダンな点心好きにはオススメです。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2017-11-24 10:56 | 香港

海外生活24年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg3

プロフィールを見る

タグ

(401)
(255)
(127)
(91)
(65)
(64)
(60)
(59)
(54)
(53)
(37)
(23)
(22)
(15)
(14)
(11)
(9)
(8)
(6)
(4)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...
いちじく日記*てんかんを...

カテゴリ

全体
香港
ごあいさつ♪
旅・バケーション
ホクラニカイ
アメリカ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。