タグ:C.B.R/シュヴァル・ブラン・ランデリ ( 64 ) タグの人気記事

シュヴァル・ブラン・ランデリの空港ラウンジ♪

ランデリからマレの空港までは約40分間の快適なフライトで、ランディングもスムーズ♪
スタッフが荷物を運んでくれるので、我々は後をついてお向かいのラウンジへ行くだけ。

どうですか、このラグジュアリーで重厚感てんこ盛りのランデリのラウンジの玄関先〜♡

e0338303_1520357.jpg

スタッフが開けてくれた玄関ドアをくぐると、、、これまたオシャレで広いラウンジです♪

e0338303_15202382.jpg

e0338303_15204343.jpgキッズ・コーナーも完備♪

とってもキュートでモダンなアートが飾られた廊下を奥へ進んで行くと。。。

e0338303_1521220.jpg

やや暗めの照明が目に優しく、まったり寛ぐには最高のソファーが並んでいます♪

e0338303_15211448.jpg

我が家は天蓋付きソファーのコーナーを選びましたが、これがまた居心地の良いこと♪

e0338303_15212538.jpg

しばらくすると、スタッフがドリンクのオーダーを取りに来てくれました。

e0338303_15214079.jpg

e0338303_15215235.jpg作り立てのパパイヤジュース♪
とっても美味しかったです〜。

ラウンジには6時に着きましたが、スタッフの計らいでギリギリの8時半まで滞在して
時間になるとスタッフと一緒にランデリの車に乗ってチェックインへと出発しました。

e0338303_1522141.jpg

珍しくセキュリティ前にはものすごい行列で少し時間がかかりそうで心配でしたが
時間が迫っているのでとスタッフが係員にチケットを見せると優先して貰えました。

e0338303_1522129.jpg

セキュリティを通過し、チェックイン・カウンターに着くとスタッフが荷物を降ろして
パスポートとチケットを提示して、乗り継ぎ便や座席の確認まで手伝ってくれました。
無事チェックインを終えて笑顔で去ろうとするスタッフにチップを渡し、さようなら。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-12 09:34 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリの水上飛行機♪

そろそろ搭乗時間ということで、ジェッティに歩いて行くと、総勢10名のスタッフがお見送り♪

e0338303_2131458.jpg

GM自らゲスト一人一人に挨拶とハグと、最後の最後までとっても温かいおもてなしです♡
我が家の他には韓国人家族とイギリス人グループのゲストとスタッフ3名が搭乗しました。
帰りの便は荷物の重さは関係ないので、測る必要もなく、荷物はそのままチェックイン♪

e0338303_2132731.jpg

機内へと乗り込むと、通常の水上飛行機とは少し違っていて、左側はご覧の通り。
右側は一人用のシートですが向かい合わせの席になっています(画像は後ほど)。
パイロットはトランス・モルディビアン航空からの派遣だそうで、笑顔でご挨拶。

e0338303_2134135.jpg

水上飛行機が離水し見えなくなるまでスタッフ10名揃ってのお見送りでした♪

e0338303_2135244.jpg

中でもGM(右端)はずっと目を離さず笑顔で手を振り続けてくれたんですよ〜♡

e0338303_2135884.jpg

e0338303_214679.jpgさようなら、ランデリ♪

e0338303_214156.jpgまた来るからね〜〜〜♪

e0338303_2142491.jpg綺麗な環礁を眺めながらの40分のフライト。

e0338303_2143299.jpg

e0338303_2144935.jpg

やっぱり年々水位が上昇していたり波のせいで沈んで行ってしまっているのかしら??

e0338303_2145979.jpg

快適な空の旅はあっという間に終わり、国際空港のあるマレへと到着です♪

e0338303_2151248.jpg

e0338303_2152482.jpgぎうぎうに建ってますね〜。

e0338303_2154576.jpg

到着して他のゲストの方々が降りられた後に撮影したので、多少散らかってます(笑

e0338303_2155413.jpg

ちなみに、国際空港のあるマレとランデリ間の移動方法は水上飛行機のみですが
ランデリ専用機かトランス・モルディビアン航空機かの2つの選択肢から選べます。

トランス・モルディビアンは半額くらいですが機内が狭くて時間の融通が効きません。
運が悪いと数時間も待たされて半日以上潰れる場合もあるので余りお勧めしません。

ランデリ専用機は待ち時間も少なく、お迎えが早く、帰りもギリギリまで楽しめて
また機内は新しくキレイで広々としていて、機内でのサービスも良くて快適でした。
やはりプライベートだけあり、ランデリ専用機はメリットいっぱいで合格でした!

e0338303_21714100.jpg

他のリゾートもランデリみたいに専用機を用意してくれると便利になるのになあ。。。
またはトランス・モルディビアン航空がきちんとスケジューリングしてくれるといいのに。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-09 09:24 | 旅・バケーション

さようなら、シュヴァル・ブラン・ランデリ♪

夜10時のキャセイのフライトなので、水上飛行機は一番遅い時間の午後4時の出発です♪
ランデリは専用の水上飛行機があるので、ギリギリまでリゾートに居られる特典が魅力♡

昨夜ヴィラホストさんから連絡を貰った通り、午後3時20分に荷物をピックアップでした。
荷物は別のカートで運ばれ、我々はヴィラホストさん運転のカートでレセプションへ。

e0338303_1744952.jpg

一棟独立タイプの水上ヴィラは本当に静かでプライベート感満載で良かったです♪

e0338303_1745843.jpg

e0338303_175831.jpg

実はランデリにはレセプションらしき建物はなくて、こちらのレストランへ向かう廊下の
途中にあるコンシェルジュ・デスクにて、チェック・アウトの手続きをするそうなんです。

e0338303_1751767.jpg

チェック・アウトは旦那しゃんに任せて、私はこちらの近辺をチェック。。。

e0338303_1752711.jpg

レストランとは別の棟にある回廊のような廊下を歩いて行くと。。。

e0338303_1753941.jpg

旦那しゃん曰く、最新マシーンが揃っていてモルで一番充実しているジムだそう。

e0338303_1754652.jpg

e0338303_176292.jpg

そのお隣にある回廊の先には。。。

e0338303_1761310.jpg

最新型の高性能なゴルフのシュミレーターでした。

e0338303_1762045.jpg

すぐ裏にはメインのビーチが広がっています♪

e0338303_1763734.jpg

もうすぐ飛び立つ水上飛行機の乗り場であるジェッティも見えます。

e0338303_1765833.jpg

e0338303_1771610.jpg白いブーゲンビリアの屋根♪
いつか自宅にマネしたいな。

レストランとランドスケープのバランスも完璧です♪

e0338303_1772552.jpg

e0338303_1773558.jpgヤシの木同士が恋をして
寄り添っているみたい♡

大好きなプルメリアも澄んだ青空とマッチして目に眩しい美しさです♪

e0338303_1773727.jpg

ランデリには素敵がいっぱいでしたが、中でもこの玄関オブジェは一番のお気に入り♪

e0338303_17111068.jpg

e0338303_17104834.jpg

e0338303_17102957.jpg

ジェッティの先端にイタリアン・レストランがあり、その右端にあるのがこちらのラウンジ♡
水上飛行機でやってくるゲストのウェルカム&ディパーチャー・ラウンジなんだそうです。

e0338303_17101010.jpg

鮮やかなイエローとグレーのポップなランデリ・カラーで、ここでの記念撮影はマスト♪
かくいう我が家もこちらの壁の前でGMやヴィラホストさんらと撮影しまくりました〜。

e0338303_1795017.jpg

は〜、たった今着いたところで、あのカートに乗りチェック・インだと良いのにね〜、なんて。

e0338303_1793578.jpg

と、そこへ到着したばかりの目を輝かせながら興奮状態でやって来た大勢のゲスト。
代わりに寂しいけど満足感でいっぱいの我々が名残惜しそうに乗り場へと出発です。

e0338303_179154.jpg

[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-08 10:55 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのルーム・サービスでランチ♪

朝食を終えてカートで水上ヴィラに戻る頃には雲行きが怪しくなり、、、。

e0338303_16374499.jpg

10時前にはご覧の通りの雨に。。。

e0338303_163751100.jpg

旦那しゃんがジムへ行っている間、ほっこりバス・タイムにしようかな〜。

e0338303_16375920.jpg

ランデリのバス・タブはコロンとした卵形で、お湯の出も悪くありません。

e0338303_1638422.jpg

壁の裏にシャワー・ルームがあり、お風呂上りにさくっとシャワーを浴びられるのも◎

お風呂から上がると、すっかり雨は止んでいて、青空が広がりつつあります♪

e0338303_16381262.jpg

シャワーと呼ばれるような通り雨だったので、デッキもすぐに乾いちゃいました。

e0338303_16381818.jpg

ジムから戻った旦那しゃんと1時過ぎからはランチ・タイムということで、ルーム・サービスを。
シャンパンを冷やそうと、ついでにバケツいっぱいの氷を頼んだら、こんなの来ました〜(笑。

e0338303_1638261.jpg

午前中はヴィラでまったり過ごしていたので、そんなのお腹も空いていなかったのですが
午後4時の水上飛行機でマレへの移動だったので、ちょっとはお腹に入れておかないとね。

e0338303_16383374.jpg

e0338303_16384437.jpg立たせても入りません(笑。
冷蔵庫で保管していたので
十分冷えていたのでセーフ。

旦那しゃんとシェアすることにした、クラブサンドは卵も入った具沢山で食べ応えあり♪

e0338303_16385080.jpg

e0338303_16385745.jpgスティックのロゴ可愛い♪

ポテトにコールスローに、昨夜のおやつもあったので、結構お腹いっぱいになりました。

e0338303_1639443.jpg

サラダが別添えで、付け足した感なしの超新鮮なリーフのみ使用というのが◎

e0338303_16391016.jpg

ランデリのごはん、決して安くはありませんが、それだけの価値が有る素材の良さです。
ミルクや粉やバターなどの乳製品やお肉など大半をフランスから空輸してるそうなので
クロワッサンひとつとっても本場パリの美味しさを再現することが可能なんでしょうね。
勿論ゲストが皆虜になっちゃうペイストリー・シェフのサミーさんの腕も要ですよね〜♪
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-07 10:56 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリの朝食@The White♪

ランデリ最後の朝は薄曇りと小雨という、後ろ髪を引かれる思いが少ないお天気に。

e0338303_16114942.jpg

ご紹介し忘れたというか、夜間に撮り忘れた、昨日と一昨日の焼き菓子です♪

e0338303_1612221.jpg

食べたくても、夜はお腹いっぱいで食べられないので、手つかずのまま。。。

e0338303_16121915.jpg

指定時間の10分前からスタンバイしてくれていたヴィラホストさんのカートに乗り。。。

e0338303_16123192.jpg

e0338303_1613521.jpgThe Whiteで朝食です♪

今朝も新鮮で甘いフルーツや焼き立てのパンが並んでいます♪

e0338303_16133153.jpg

毎朝思ったことは、あ〜、胃が大きかったらなあ、全部試食するのにな〜、です(笑。

e0338303_16134731.jpg

サミーさんが焼いてくれたものは全部箱詰めにして香港に持って帰りたいくらい♡

e0338303_1614552.jpg

アプリコットだったかな、この焼き色に層に膨らみ具合といい、どれもパーフェクト♪

e0338303_16142117.jpg

オーシャン・フロントの広くて素敵なダイニングを我が家で独り?二人?占めです♪

e0338303_16131822.jpg

今朝はクロワッサンを満喫したくて果物もパスして、目玉焼きだけ注文しました〜。
黄身がトロトロといい感じで、ツナとハーブが載っていて、少しピリ辛で美味しい〜♪

e0338303_16153041.jpg

旦那しゃんはカリカリふわふわのワッフルとペイストリーを少々。

e0338303_1615183.jpg

レストランとカート乗り場を結ぶ廊下の途中にあるのがにコンシェルジュ・デスク♪

ヴィラホストさんがしっかりケアしてくれるので一度も訪ねたことはありませんが
最終日にヴィラを出た後はまずこちらでチェックアウトをしてからジェッティへ。

e0338303_16154669.jpg

手前に広げてあるのはサイン帳で過去の宿泊ゲストのコメントが沢山ありました。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-05 11:00 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのディナー@Le 1947♪

バーでのゴージャスなシャンパン&アミューズ・タイムを満喫した後はダイニング・ルームへ。
なんと左奥にある静かでプライベートで一番眺めが素敵なテーブルへと案内してくれました♪

e0338303_10544186.jpg
*その席が写っているこちらの画像はランデリのHPからお借りしました。
>我が家の姿が窓に写り込んでしまうので写真は撮れませんでした〜。

上の画像にあるように、コロンと転がせてあったのは下の画像のようにホルダーに立てると
それがミネラルウォーター用のコップになるという遊び心たっぷりな器で楽しくなります♪
カトラリーの上品な美しさとモダンでアートなカトラリー・レストが何だかいいバランス。

e0338303_1055212.jpg

エンペラーフィッシュのタルタルは、大根やワカメのぜりーに海苔のトッピングと和です♪

e0338303_10555233.jpg

これまたオシャレでアートなバターやコンディメンツのカップに、後ろの花器も面白い♪

e0338303_10553629.jpg

バターもパンも絶品でしたが、お腹が膨れないように、ちびた二つ限定で我慢です。

e0338303_10554188.jpg

フォアグラのラビオリはほうれん草とマッシュルームのふんわりエマルジョン♪

e0338303_10561136.jpg

フォアグラなのにそんなに重くなかったのでモンラッシェともよく合いました〜♪

e0338303_10562434.jpg

てんこ盛りのキャビアが載ったロブスターのタルトは、キャビアもタルトも美味しい♪

e0338303_10563643.jpg

ミルクを飲んでいる子牛のスウィートブレッド(シビレ・胸腺)はふわっと柔らか〜♪

e0338303_10565093.jpg

シーブリーム(鯛)のグリルは魚貝のダシ・スープと柚子のフォームでさっぱりと♪

e0338303_1057492.jpg

和牛ビーフのステーキの甘くて柔らかくジューシーなこと♪
アジアンな海藻のサラダに、マッシュドポテトではなくマッシュドセロリでびっくり〜。

e0338303_1057149.jpg

フランスの唐辛子のジャムとボーホール・チーズの組み合わせ、面白かったです。

e0338303_10574192.jpg

ソムリエさんがワインのコルクで可愛いトナカイさんを作ってくれました♡

e0338303_10574966.jpg

もうお腹いっぱいで殆ど味見程度しか食べられなかったのですが、ソルベ♪

e0338303_105825.jpg

撮影したメニューから予想するに、バナナ・クランチー・バーとマルカルポーネのソルベ。

e0338303_1101056.jpgお腹空いている時にこれだけ食べたい!
胃が小さい自分に悲しくなった夜(涙。

悲しみにくれる私に更に追い討ちをかけるように、これまた美味しそうなデザートが(涙!!

e0338303_10594164.jpg

おまけにデザートの神様、パティシエのサミーさん直々のプレゼンテーションなのに(涙!!

e0338303_10592287.jpg堪能した旦那しゃん曰く、、、
むちゃくちゃ美味しかったそう。
うう、もう一つ胃が欲しい(涙。

まるでパリのミシュラン三つ星レストランに来ているかと思うような洗練されたサービスや
華やかなダイニングにてとびきり美味しいフレンチを堪能というまさに夢のような夜でした♪
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-09-01 16:27 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのLe 1947 bar♪

e0338303_1047790.jpg今宵も指定した時間の5分前からスタンバイ。
ボンソワールとヴィラホストさん@にっこり♪

e0338303_10471663.jpgピンボケですみませんが。。。
どうです、まるでヨーロッパのような美しい回廊♪

今宵はランデリで最後の夜ということで、シグニチャー・ダイニングの「Le 1947」へ♪
ちなみにLe 1947は、Chateau Cheval Blancの最高のヴィンテージが由来だそう。

e0338303_10475726.jpg

ドアを開けた瞬間、まさに別世界で、ため息とビューティフルの言葉しか出ません。
洗練されたスタッフに恭しく正面にあるバーのカップル・シートへと促されました。

e0338303_10473064.jpg

バーのシートから玄関とバーの片隅に置いてあるグランド・ピアノを眺めて。。。

e0338303_1048367.jpg

e0338303_10474667.jpgせっかくなのでドンペリで乾杯です♪

続いてアミューズがやってきましたが、なんとも美しいプレゼンテーションです♪

e0338303_10481360.jpg

e0338303_10482086.jpgとても軽くスモークした
スモーク・サーモンに♪

e0338303_10483335.jpg甘いキング・クラブと
アボカドとオレンジ。

e0338303_1048418.jpg爽やかな美味しさで
シャンパンに合います♪

e0338303_10485728.jpgこちらは何かしら???
イベリコハムとチーズの
パリパリ食感の美味しい
サンドイッチの下に。。。

e0338303_10484970.jpgなんとメロンのスープ
赤ワインのメルバです♪

もうスタートからして大当たりの予感で、バーでの極上のシャンパン・タイムを満喫した後は
奥にあるスタイリッシュでゴージャスなダイニング・ルームへと移動し、ディナー・テイム♪

e0338303_10491432.jpg

レストランはゆっくり楽しめるよう1テーブルに1組なのでディナーの予約さえしておけば
最初に通されるバーで時間を気にすることなく好きなだけまったり楽しんで良いんだそう。
ダイニング・ルームへと移動する時間もゲストの好きなタイミングでOKなんだそうです。
また閉店時間は最後のゲストが満足してヴィラに帰ろうと思った時とは嬉しいですよね♡

つづく。。。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-08-31 10:19 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのスパ♪

オーナーズ・ヴィラを夢心地で見学した後は、その余韻を楽しみつつスパのある島へ♪

e0338303_2130821.jpg

スパ・オリジナルのヘルシーなフレッシュ・ジュースで、ほっこりタイムのスタート♪

e0338303_21303061.jpg

こういう吹き抜けがあるレセプションって開放感たっぷりで気の流れも良くて最高〜♪

e0338303_21303882.jpg

今日はフェイシャルですが、施術ヴィラの前には貝殻や珊瑚で”Happy”の文字が♡

e0338303_21304362.jpg

ヴィラに入ると、広いパウダー・ルームでフェイシャル用のふかふかのウェアに着替え
これまたパリの豪華なゲランのスパと同じ特製チェアに仰向けに寝転ぶのですが。。。

えーと、、、申し訳ないですが、それ以降の記憶が全くございませ〜ん(笑。
セラピストさんが超ゴッドハンドで、肩を優しくトントンされて漸く目が覚めました(笑。

e0338303_2130476.jpg

というわけで、代わりにゴージャスなサンセット・タイムの画像をば(笑。

e0338303_21305022.jpg

e0338303_21305787.jpgこれ、可愛くて好きでした。

レセプションでまったりしていたらば、突然スコールみたいな雨が降り出し。。。

e0338303_213114.jpg

雨が止むと、こんな綺麗な虹が現れました〜♪

e0338303_2131471.jpg

e0338303_2131828.jpgサンセットも極上の美しさ♡

e0338303_21311294.jpg美味しいジンジャー・ティーに
ほっこり&まったり至福の時♪

e0338303_21311727.jpg

こちらが先日お邪魔してイルカ・ウォッチングをしたカフェです♪

e0338303_21312222.jpg

e0338303_21312666.jpg

ティー・タイムを満喫し終えると、程よいタイミングでドーニを呼んでくれました。

e0338303_21313077.jpg

e0338303_213329100.jpg

e0338303_21331139.jpg仕事が終わったセラピストさんが
ドーニに乗って一緒に本島に帰宅。
サンセット越しに絵になりますね〜。

e0338303_21325597.jpg

ジェッティに着くと、待機していてくれたヴィラホストさんのカートに乗り込んでヴィラへ♪

e0338303_21324153.jpg

e0338303_21323024.jpg

[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-08-30 15:30 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのオーナーズ・ヴィラ、その7♪

夢のように素敵なオーナーズ・ヴィラのシリーズの最終回はゲスト・ヴィラのご紹介♪

e0338303_17471048.jpg

e0338303_17471326.jpg長い廊下を進んでいくと。。。

これまた広いリビング・ルームで、かなり後ろに下がらないとファインダーに収まらず(笑。

e0338303_17482277.jpg

リビング・ルームからデッキを眺めて。。。

e0338303_17482729.jpg

こちらの離れのゲスト・ヴィラは1ベッドルームなのに、このデッキの広さ(笑。

e0338303_17483395.jpg

ブレックファストにランチにディナーにと、こちらのガゼボ、大活躍しそうですね♪

e0338303_17483994.jpg

1BRなので、こちらの棟にあるベッドルームはこちらだけとなりますが、広くてビックリ。

e0338303_17484293.jpg

デッキというかテラスというか、居心地の良い空間もたっぷりあり、その奥には。。。

e0338303_17484728.jpg

開放感いっぱいのバス・タブがあります♪

e0338303_17485463.jpg

ガゼボに戻り、、、皆さんの中に気付かれた方はいらっしゃいますでしょうか??
そうなんです、こちらのゲスト・ヴィラはバリア・フリーなので段差がないんです。

e0338303_1749067.jpg

バス・タブの奥には広々としたウォーク・イン・クローゼットが。

e0338303_17491984.jpg

クローゼットからバス・タブ越しにビーチを見ると、ちゃんと目隠しの植物とバッチリ。

e0338303_17492336.jpg

デッキというかテラスというか、その真裏には大きな大きなシャワー・ルームが。

e0338303_17492858.jpg

その反対側にはシンクやトイレにビデも完備です。

e0338303_17493385.jpg

まるで別世界のようにゴージャスなオーナーズ・ヴィラを見学し終え、夢心地〜♡

e0338303_17493789.jpg

あの門をくぐると現実の世界に戻ってしまうのね〜、と、ちょっと悲しく思ったり(笑。

e0338303_1751218.jpg

プライベート・ジェッティからして、特別感てんこ盛りですよね〜♡

e0338303_17504921.jpg

しつこいようですが、人口の島とは思えない、自然たっぷりの美しさでびっくりでした。

e0338303_17503833.jpg

さてさて、次に目指すのは右に写っている島です♪

e0338303_17502972.jpg

つづく。。。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-08-24 11:01 | 旅・バケーション

シュヴァル・ブラン・ランデリのオーナーズ・ヴィラ、その6♪

マスター・スウィートの一階(日本の二階)からグラウンド・フロア(日本の一階)へ♪

e0338303_17415131.jpg

なんとも美しい階段で、いつかこんなお家に住みたいなあと思ってしまったほど♡

e0338303_1741559.jpg

どこもかしこも美しすぎて、とってもゴージャスで、ため息の連続です♪

e0338303_17415948.jpg

反対側には25メートルのスイミング・プールがあります。

e0338303_1742394.jpg

ちゃんと日陰もあるだなんて、日焼けしたくない人にとっては最高ですよね〜。

e0338303_1742835.jpg

スイミング・プールの横にジャクジーも付いています♪

e0338303_1742114.jpg

まるでランデリの本島みたいに、広いビーチとプールとデッキチェアが沢山あって
その日やその時々の気分で、ヤドカリさんみたいに移動出来るのが最高でしょうね。

e0338303_17421581.jpg

e0338303_17422510.jpg

長〜いプールの端まで行くと、突き当たりにあるのが。。。

e0338303_17422959.jpg

写真では伝わらないのが残念なくらいに壁やライトや家具が素敵だったダイニング♪

e0338303_17423419.jpg
ちなみにiPadをクリックするだけで、天井からスクリーンが降りてきて映画鑑賞タイムにも♪
他のヴィラと同じく照明からACにエンターテイメント・システムまで全てiPadで楽々操作。


こんなゴージャスでオープンなダイニングで家族友人とパーティしたら楽しいだろうな〜♪

e0338303_17423947.jpg

その裏にはもちろん全てが揃ったシェフズ・キッチンつきで、シェフもいますから〜♪

e0338303_17424456.jpg
これだけの最新の設備が揃ったキッチンは、ランデリのレストラン以外はここだけかと。

e0338303_17424710.jpgは〜、いと美しきかな〜♪
ため息が止まりませぬ〜。

つづく。。。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2016-08-22 11:13 | 旅・バケーション

海外生活24年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg3

プロフィールを見る

タグ

(401)
(255)
(127)
(91)
(65)
(64)
(60)
(59)
(54)
(53)
(37)
(23)
(22)
(15)
(14)
(11)
(9)
(8)
(6)
(4)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...
いちじく日記*てんかんを...

カテゴリ

全体
香港
ごあいさつ♪
旅・バケーション
ホクラニカイ
アメリカ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。