タグ:Hotel Jen ( 4 ) タグの人気記事

ホテル・ジェンから、マレの国内線のラウンジへ♪

出発の支度も終わったのでカーテンを開けてみると、、、雲は多いけど晴れています♪

e0338303_1104996.jpg

アミラフシはどっちの方向かな〜。

e0338303_1111057.jpg

昨夜の眩しかった電飾はお向かいのホテルかと思い込んでいましたが、まだ建設中。
つまり眩しかった電飾はホテル・ジェンの窓枠に取り付けられているモノだと判明(笑。

e0338303_1112021.jpg

トレーダー・ホテルのロゴの上に「J」がプリントされたステッカーを貼ってリサイクル♪

e0338303_111354.jpg

昨夜のインフォ通り、9時10分に荷物を取りに来てくれて、9時15分にチェックアウト。
事前にプリペイドしてあるので、チェックアウトも確認のみで1分でさくっと終了です。

フロントで少々待機し、スーツケースは車で運んでくれるので、歩いてボート乗り場へ。

e0338303_1114356.jpg9時30分に出発です。

5分ほどでマレの国際空港近くのボート乗り場に到着です。

e0338303_1115184.jpg

ボートから降りると、アミラフシの空港スタッフのアダムが笑顔で挨拶してくれました。

e0338303_112727.jpg

我が家のスーツケースなどをカートに乗せて運んでくれるアダムの後を歩いて。。。

e0338303_1121452.jpg

すぐ先にある国内線のチェックイン・カウンターへ到着したものの、すごく長い行列が。
アダムが代わりにチェックインしてくれるらしく、先にラウンジへと案内してくれました。

e0338303_1122565.jpg

ラウンジは激混みでしたが、アダムがなんとか我が家の座席を確保してくれました。
そしてアダムが代わりにチェックインする為に我々のパスポートを持って行きました。

e0338303_1123318.jpg

Moonimaa Loungeという名前の国内線専用のラウンジで誰でも入れるみたいです。
WiFiはパスワードを入れるだけで乗れますが超遅くてイライラして諦めました(笑。

e0338303_1124241.jpg

特にお腹は空いていませんがブログ用に食べ物をチェックしてみると。。。

e0338303_1125030.jpg

まるで嵐でも来たかのような散乱状態でした(苦笑。

e0338303_113258.jpg

一応カレーやパスタなんかもありましたよ。

e0338303_1132036.jpg

ちなみにラウンジ内の中国人率はざっと見渡しただけでも8割越えで煩かったです。
10時発の予定が遅延で10時半に、アダムが迎えに来てくれてゲートまでお見送り。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2015-11-10 10:55 | 旅・バケーション

マレのHotel Jen(ホテル・ジェン)の朝食ブッフェ♪

電飾と騒音のせいで余り眠れなかったにも関わらず、リゾートへの移動が楽しみで
子供みたいに朝6時過ぎにはさくっと起きて支度をして、7時からライムへ朝食に♪

e0338303_15492043.jpg

前回のトレーダース時代と殆ど変わらない感じの朝食ブッフェです。

e0338303_15492880.jpg

ペイストリー各種にドーナッツやバナナケーキなどから。。。

e0338303_1549384.jpg

マフィンに各種トースト類と一般的な品揃えでした。

e0338303_15494853.jpg


More
[PR]
by mrs-hkg3 | 2015-11-09 10:47 | 旅・バケーション

マレのHotel Jen(ホテル・ジェン)♪

以前のTraders(トレーダーズ)という名前から、Hotel Jen(ホテル・ジェン)に変更。

変わったのは名称とロビー脇のレストランくらいで室内のインテリアは以前と変わらず
*部屋のカテゴリーや位置により、バスルームやベッドなど家具の配置がバラバラです。

バスルームもシンクが一つで使い辛い点も同じですが、一泊なので全然平気です。

e0338303_1453845.jpg

バスタブはついていませんが、シャワー・ルームは部屋の割に広々としています。
このバスルーム、デザイン次第では余裕でバスタブ置けそうなのになあ、とも。

e0338303_1454619.jpg

ガラス張りのシャワー・ルームをバスルームとベッドルームの間に挟み込む事で
部屋を広く見せているのかもですが、妙な違和感があり逆に落ち着かない気も。

シャワー・ルーム横にあるベッドはキング・サイズですがかなり窮屈でした。

e0338303_1455486.jpg

リゾートというよりビジネスマン向けの内装で、奥行きの狭いデスクの横には
ちびたサイズのミニ・バーがあり、ネスプレッソのマシーンも一応ありました。

e0338303_14621.jpg
インターネット環境は、携帯やPCのWiFiをオンにするとホテルのサイトが開くので
空欄にラスト・ネームを入れてクリックすると即乗れて、かなり高速で快適でした。

窓際のデスク前から入り口を眺めて、、、ドア左手にはクローゼットが1本半分。
手前にあるベンチにはスーツケースが横向きでひとつ乗せられるので便利でした。
一晩だけの宿泊なので面倒な場合はスーツケースがそのままチェストに変身(笑。
*ドア右手が前出のバスルームです。

e0338303_1461087.jpg

e0338303_1461723.jpg

クローゼットの中はこんな感じです。。。

e0338303_1462446.jpg

一応スリッパもあります。

e0338303_1462984.jpg

ちびたサイズのミニ・バーの扉に、こんなステッカーを発見。。。

e0338303_1463652.jpg

冷蔵庫の中には、ホテルからのおまけとコーヒー用のミルクが入っていました。

e0338303_146436.jpg

e0338303_1464877.jpg一口食べましたが熟れておらず硬いっ(笑。

久々に登場したCXのビジネス・クラスのアメニティ・バッグ。。。

e0338303_1465492.jpg

ポーチには、マスクに耳栓、靴下、携帯の画面クリーナー、歯ブラシと歯磨き粉や
ジュリークのリップ・クリームにボディ・クリームにハンド・クリームなどがありました。

e0338303_147173.jpg

マレのホテルに一泊するにあたり、ちょっとだけ心配な点があり持参したのですが。。。
心配した隣近所からの騒音(はい、中華圏ゲストが朝方まで廊下で嬌声、涙)に加えて
消灯した途端に発覚した(下の画像参照)なんとも悲しいサプライズもありました(涙。

e0338303_147882.jpg

マレの空港と同じくクリスマスのようにキラキラしたネオンが歓迎してくれました(笑。
カーテンを閉めてもカーテンの上部や隙間から入るライトが点滅して眩しい〜(涙。

嬌声や廊下をバタバタと走る音以外にも、室内の空調かエアコンなのかわかりませんが
キュリキュリキュリキュリ、、、という小さな機械音が夜通し聴こえてきて気になったり。

明るかったり煩いと眠れない質なので、マスクとイヤー・プラグを早速装着する事に。
ところがそれらの違和感から余計に眠れなくなり、もう今夜は眠るのを諦める事に(笑。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2015-11-06 09:05 | 旅・バケーション

マレの国際空港からHotel Jen(ホテル・ジェン)へ♪

マレの空港の出口の外にはホテル・ジェンのサインを掲げる笑顔のスタッフが待機。

e0338303_13434441.jpg

我が家の他にもうすぐフライトが到着するという中国からのゲスト二組を待って
ゲスト全員が揃ったところでスタッフ先頭に徒歩でボート乗り場へと向かいます。

e0338303_13435117.jpg

むむっ?!

e0338303_13435620.jpg

なんですが、この派手な電飾は?!

e0338303_13442100.jpg

空港内は以前と変わらずでしたが。。。

e0338303_1344715.jpg

その周りの電飾の派手で眩しいこと!!

e0338303_13441555.jpg

ボートが一台しかないのか、マレの国際空港からホテル側までは5分程なのに
なぜか30分程ボート待ちをして、ようやく来たちびたボートに乗り込むと。。。

e0338303_13442567.jpg

ミネラル・ウォーターのミニ・ボトルが配布され、救命胴衣を着けてくれて、出発。

e0338303_13443058.jpg

e0338303_13443681.jpgあっという間の5分で到着。

自然いっぱいでエコな道を進むのかと思われたマレ、、、なぜネオン・ギラギラに?
香港ほどではないとしても、こういった電気代かなり掛かっちゃうと思うのですが?

代わりに空港近辺の海を掃除するとか、ゴミ焼却を止めて埋め立ての費用にするとか
リサイクル活動に励むとか、廃プラスティックを分解するとか、色々な方法があるのに
少々間違った方向に行ってる気がするのは、お金で買収を企む某国のせいかしらん。

大手企業が寄って集って純粋な南の島の人々を誑かしてぼろ儲けを企む昨今のモル。
長い目で見たり、地球の将来や子供や孫の将来を考えて行動する企業の少ない事(涙。
知識を持った大手リゾートが共同で、ゴミが出ない&リサイクル活動すべき時期かと。
でも実のところ、南の島の人たちの意識が変わらない限り、何も変わらないのよね〜。

e0338303_13444196.jpg

ボートから降りると、お迎えの女性スタッフの先導で1ブロック奥にあるホテルへ。。。

e0338303_13444770.jpg

受付のスタッフ2名は親切で、過去のダメダメ高級リゾートより迅速な対応でビックリ。

受付の向かいにはコンビニのようなデリのような便利なカフェがオープンしていました。

e0338303_13445967.jpg

2、3分でチェックインが終了し、お休みなさい♪と笑顔で見送られてエレベーターへ。
部屋に入ってから10分ほどでポーターさんがスーツケースを運んで来てくれました。
[PR]
by mrs-hkg3 | 2015-11-05 10:40 | 旅・バケーション

海外生活24年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg3

プロフィールを見る

タグ

(401)
(255)
(127)
(91)
(65)
(64)
(60)
(59)
(54)
(53)
(37)
(23)
(22)
(15)
(14)
(11)
(9)
(8)
(6)
(4)

メモ帳

Milaidhoo/ミライドゥ旅行記
Anantara Kihavah/アナンタラ・キハバー
Banyan Tree Vabbinfaru/バンヤン・ツリー・ヴァビンファル旅行記
Hideaway Beach Resort & Spa/ハイダウェイ・ビーチ・リゾート&スパ旅行記
Cheval Blanc Randheli/シュヴァル・ブラン・ランデリ旅行記
Amilla Fushi/アミラフシ旅行記
Maalifushi by COMO/マーリフシ・バイ・コモ旅行記
Amanpulo/アマンプロ旅行記
Huvafen Fushi/フヴァフェンフシ旅行記
Cocoa Island/ココア・アイランド旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記
Dusit Thani Maldives/デュシタニ・モルディブ旅行記、続編
Lily Beach/リリー・ビーチ旅行記
Coco Bodu Hiti/ココ・ボドゥヒティ旅行記
Constance Moofushi/コンスタンス・ムーフシ旅行記
Constance Halaveli/コンスタンス・ハラヴェリ旅行記
Baros Maldives/バロス・モルディブ旅行記
Alila Villas Hadahaa/旧アリラ・ヴィラ・ハダハア(現パーク・ハイアット・モルディブ)旅行記
W Retreat & Spa Maldives/Wリトリート&スパ・モルディブ旅行記
Vivanta By Taj/ヴィヴァンタ・バイ・タージ旅行記
.............................................
当ブログの全てのコンテンツ(文章・画像)は著作権を放棄しておりません。 許可なしでの情報の転載、転用、引用、コピーなどは、ご遠慮下さい。
.............................................
free hit counters

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
パウダーブルーな日々
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...
いちじく日記*てんかんを...

カテゴリ

全体
香港
ごあいさつ♪
旅・バケーション
ホクラニカイ
アメリカ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。